日本の心理職の国家資格化を目指す日本心理研修センターの公式ウェブサイトです。

2015年度冬季研修会概要及び参加お申込み受付

  • HOME »
  • 2015年度冬季研修会概要及び参加お申込み受付

日本心理研修センター2015度冬季研修会は、2016年3月12日(土)、3月13日(日)、3月20日(日)に行われます。P1020084

プログラム(講師、テーマ、時間等)は予告なく変更される場合があります。
こちらのページで最新のプログラムをご確認いただいた上で、ご参加ください。

共催:

一般社団法人日本臨床心理士会、日本臨床発達心理士会、一般財団法人特別支援教育士資格認定協会、日本学校心理士会

後援(予定):

一般社団法人日本心理臨床学会、日本人間性心理学会、一般社団法人日本発達障害ネットワーク、一般社団法人日本認知・行動療法学会、一般社団法人日本発達心理学会、一般社団法人東京臨床心理士会

参加資格:

臨床心理士、臨床発達心理士、学校心理士、特別支援教育士、他の心理系学会認定資格者、心理職実務者、守秘義務のある専門職、心理学関連大学院生

参加費用:

1講座につき7,000円(税込)
※参加費用は、お申し込みより1週間以内にお振り込みください。

研修会の中止に関しまして:

台風、大雪などの突発的な自然災害などにより、事務局の判断で本研修会を中止することがございます。その際にはこのホームページ上でまずお知らせをしますので、どうぞご注意ください。なお、中止となった場合の受講料の返金等につきましては、後日ホームページでお知らせするとともに、メールで手続きをご案内いたします。

資格ポイントにつきまして:

臨床心理士、臨床発達心理士、特別支援教育士、学校心理士にはポイント予定。

よく頂く質問

本セミナーにおけるよく頂く質問につきましてはこちらをご覧ください。

プログラム概要

その1

日時:

2016年3月12日(土)
各プログラム開始時間の30分前に受付開始予定

会場:

跡見学園女子大学文京キャンパス

〒112-8687 東京都文京区大塚1-5-2

丸ノ内線茗荷谷駅より徒歩2分 / 有楽町線護国寺駅より徒歩8分

プログラム11)
発達障害等による読み書き困難のある児童生徒へのICT利用

講師:近藤武夫(東京大学先端科学技術センター)
研修時間:5時間予定

10:00~11:00
発達障害による読み書きの困難のある児童生徒・学生のICT利用の考え方 

11:00~12:00
ICTを利用した支援の海外での事例:初等中等教育、高等教育での利用から

13:00~14:00
タブレット(iPad, Windowsタブレット)によるICT支援の具体例

14:00~15:00
 ICT支援と合理的配慮の判断(教室・試験での利用許可やアセスメント活用)

15:00~16:00
ICT支援を助ける資源(教科書デジタルデータや支援団体等の情報源)

16:00~16:30
質疑応答

講師+参加者

発達障害,特にLD等の読み書き計算等に困難のある児童生徒に対しては,紙や鉛筆を使った読み書き訓練だけにこだわらず,ICTを活用して彼らの学びを支え,教室での学びや試験の参加を保障するアプローチが必要です。

本研修では,ICTにより学びを保障する際に必要な考え方(機能代替アプローチ),身の回りにあるICTを活用して読み書きを支援する方法,ICTによる教室や試験での合理的配慮の事例と,その可否を判断する際に参考となるアセスメントの実例,その他の多様な情報源について知ることで,ICTを児童生徒自身が活用して,主体的に学ぶ個人を育てるための基礎を学びます。

本プログラムの参加者募集は終了しました。

プログラム12)
若年無業者ニート・ひきこもり支援講座

研修時間:5時間予定

10:00~11:30
若者無業者ニート・ひきこもりの実態について
講師:蟇田薫(認定NPO法人 育て上げネット 若年支援事業部 ジョブトレ・母親の会「結」事業責任者 (産業カウンセラー))

12:30~14:00
発達障害・精神疾患の疑いがある方へのアセスメント・就労支援について
講師:古賀和香子(認定NPO法人 育て上げネット 若年支援事業部 ジョブトレ運営責任者 (社会福祉士/ICDSキャリア・コンサルタント))

14:00~16:00
若者無業者ニート・ひきこもりの子どもを抱える家族支援
講師:森裕子(認定NPO法人 育て上げネット 母親の会「結」家族支援担当者)

発達障害、精神障害の疑いを含む当事者のアセスメントに基づくさまざまな支援と家族への支援について、認定NPO法人育て上げネットの実践を基に、支援の全体と心理職の課題を検討します。

昨今の社会経済状況、なぜ若者が無業に陥るのか、そして長期化するのかをデータと事例をもとに解説します。その上で、発達障害・精神疾患の疑いはあるが手帳取得にまで至らない若者への就労支援、および(本人が支援機関に繋がらない場合)本人を支援機関に繋げるための家族支援について考えます。

本プログラムの参加者募集は終了しました。

プログラム13)
心理職のスタンダード:「医療領域科目」※ 
医療で働く心理職が知っておきたいこと

※ 日本心理研修センターでは、各領域における心理職が最低限知っておかなければならない項目を網羅した研修のスタンダードを作成中です。一定の経験をお持ちの心理職の方が若手の心理職に職務の指導をされる際の基本となるものです。

研修のスタンダードを構成するのに先行して、本研修を心理職のスタンダード習得のための医療領域科目として位置づけます。心理職の研修のスタンダード公表後には、受講された方を本科目「既習」として登録いたします。若手職員を指導される立場の方、他職種との常日頃連携を行っている方には、特に受講をお勧めします。

研修時間:5時間予定

10:00~12:30
心理職が知っておくべき医療の基礎知識
講師:中嶋 義文(社会福祉法人 三井記念病院精神科)

13:30~16:00
医療における倫理
講師:桑原 達郎(防衛医科大学校)

医療現場で心理職として働くにあたっては、病名、薬の知識などももちろん重要ですが、それ以前に、制度としての「医療」や「病院」を知り、それがどう動いているのかを知る必要があります。午前の部では医療安全、感染管理、各職種の役割など、医療のどの分野でも必要な、基本中の基本を学びます。

今回の講義では、薬や病名の話題はメインにはなりません。また午後には、医療における倫理の考え方の基本を学びます。自分の職種の倫理綱領だけにとらわれず、幅広く学んでいきます。午前午後に渡りチーム医療の中で多職種と共に働くときに知っておきたい医療関連職種としてのポイントをおさえていきましょう。

本プログラムの参加者募集は終了しました。

プログラム14)
「あいまいな喪失」の理論と援助:家族療法の視点から

講師:石井 千賀子(ルーテル学院大学 TELLカウンセリング)
黒川 雅代子(龍谷大学短期大学部)

研修時間:5時間予定

10:30~10:40
企画趣旨説明

10:40~11:40
「あいまいな喪失」理論

11:40~12:30
援助方法①「ジェノグラム」の活用

13:30~14:30
援助方法②「あいまいな喪失」援助のためのガイドライン

14:30~15:40
グループディスカッション

15:40~16:10
グループ発表

16:10~16:30
ディスカッション 「あいまいな喪失」援助における課題

「あいまいな喪失(ambiguous loss)」とは、喪失そのものがあいまいで不確実な状況のことをいいます。親の離婚、重度の認知症、家族が行方不明、ワーカーホリック、依存、遺体のみつからない喪失など様々な例が挙げられます。ミネソタ大学名誉教授のPauline Boss博士は、「あいまいな喪失(ambiguous loss)」を「はっきりしないまま残り、解決することも、決着を見ることも不可能な喪失体験」と定義しています。

教授は9.11の事件によって家族を喪失した方々の支援から、いわゆる喪失のさまざまな様相を理論的に考究し、通常の喪失とは異なる、喪失そのものが不確実なため「前に進むことができなくなってしまう」PTSDについて述べています。私達の生活の中に、こうしたあいまいな様相をもつ喪失体験は程度の差はあれ、日常的にも経験されることに思い至ります。

本研修会は、Pauline Boss博士が提唱する「あいまいな喪失」理論と援助方法を理解することを目的に実施いたします。そのため、座学だけではなく事例を用いたグループディスカッションを交えた参加型の研修にしたいと考えています。グループディスカッションを充実したものにするために、参加される方は出来るだけ事前にJDGSの「あいまいな喪失について」のwebサイト(http://al.jdgs.jp/ )をご覧いただきますようお願いいたします。

本プログラムの参加者募集は終了しました。

その2

日時:

2016年3月13日(日)
各プログラム開始時間の30分前に受付開始予定

会場:

筑波大学東京キャンパス文京校舎

〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1

地下鉄丸ノ内線茗荷谷下車2分

プログラム21)
神経発達症群と脳機能

講師:小野次朗(日本LD学会副理事長)
研修時間:5時間予定

10:30~16:00(昼食休憩あり)
(神経発達症群における主な合併症・併存症と予後)
(神経発達症群における薬物療法と適応と効果)
(神経発達症群における二次障害とその背景要因)
(医療と教育、心理の連携の必要性について)など

16:00~16:30
質疑応答

講師+参加者

2013年5月に発表されたDSM-5さらに2014年6月の日本語訳版において、それまで発達障害と呼ばれていた一群の疾患は、神経発達症群 (Neurodevelopmental Disorders) という名称でまとめられる方向になっています。神経発達症群にかかわる様々なトピックスを、脳機能とのかかわりから考えてまいります。

子どもたちが抱える障害の病態を周囲の大人が正しく理解することで、適切な支援につながることを期待しています。

本プログラムの参加者募集は終了しました。

プログラム22)
夫婦・家族関係の理解と援助の基礎

講師:野末武義(明治学院大学心理学部)
研修時間:5時間予定

10:00~12:30
第Ⅰ部 夫婦・家族関係をどのように理解するか

13:30~16:00
第Ⅱ部 夫婦・家族合同面接におけるセラピストの基本的態度と技法

近年の社会の急激な変化と共に、親子・夫婦・家族のありようも大きく変わってきました。それにともなって、さまざまな心理臨床現場にも、家族の問題が持ち込まれることが増加しており、どう理解したら良いのか、どのように対応したら良いのかという迷いや不安、葛藤を感じる心理臨床家も少なくないようです。とりわけ、夫婦や家族を交えた合同面接では、家族一人一人の心理的世界を理解するだけでは十分ではなく、家族の関係性をとらえる視点と能動的なかかわり方が求められます。

この研修の第Ⅰ部では、家族の問題を扱う際の個人療法と夫婦・家族療法それぞれのメリットと難しさ、個人や家族が抱えている問題を理解する上での5つの次元、夫婦・家族合同面接の成否を大きく左右する夫(父親)への関わり方、セラピスト自身の自己理解などについて取り上げます。第Ⅱ部では、夫婦・家族合同面接におけるセラピストの基本的態度・技法として、ジョイニング、多方向への肩入れ、戦略的中立性、リフレーミングなどを取り上げ、最後に不登校の問題を抱えた家族の合同面接のDVDを視聴して、家族とのかかわり方の実際を学びます。

日頃は個人を対象とした臨床実践を中心に行っていて、クライエントの夫婦・家族関係についての理解を深めたい方、夫婦・家族合同面接を取り入れたいと思っている方、そして、夫婦・家族合同面接に対して不安や疑問を感じている方の参加をお待ちしております。

本プログラムの参加者募集は終了しました。

(本プログラム22は、夏季研修会(2016年7月31日(日)に再度開催予定です。)

その3

日時:

2016年3月20日(日) 午前9:30開場・受付開始予定

会場:

エムワイ貸会議室お茶の水

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル4F

地下鉄丸ノ内線 御茶ノ水下車2分

プログラム31)
はじめての高次脳機能障害Ⅱ-成人編-
~高次脳機能障害を神経心理学的に理解する~

講師:中島恵子(帝京平成大学大学院臨床心理学研究科)
研修時間:5時間予定

10:00~12:00
基本的な神経心理学的知識を学ぶ

13:00~15:00
認知リハビリテーション

15:15~16:15
高次脳機能障害の認知リハビリテーション

人生の途上で突然の病気や事故などにより、予期せぬ脳損傷を被り高次脳機能障害を負った人たちを、どのように理解し具体的な支援(認知リハビリテーション)をしていくのかを学ぶためには、基本的な神経心理学的な知識が必要です。神経心理学的な知識とは、大脳の機能局在とその働きについての理解です(脳機能から症状を理解する)。

本プログラムの参加者募集は終了しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加