日本の心理職の国家資格化を目指す日本心理研修センターの公式ウェブサイトです。

日本心理研修センター2周年行事・公認心理師法案の成立をめざして

  • HOME »
  • 日本心理研修センター2周年行事・公認心理師法案の成立をめざして

さまざまな領域における心理職の専門研修の課題と公認心理師への期待

当日の講演内容要約はこちらを御覧ください。

日時:

2015年3月29日(日)10:00受付開始、10:30〜16:45までを予定

参加費:

無料(事前予約不要、先着210名)

会場:

images筑波大学東京キャンパス文京校舎地下1階 多目的講義室
東京都文京区大塚3-29-1

東京メトロ丸ノ内線茗荷谷(みょうがだに)駅下車「出口1」徒歩2分程度

共催

一般社団法人日本臨床心理士会、日本臨床発達心理士会、日本学校心理士会、一般財団法人特別支援教育士資格認定協会

後援

一般社団法人日本心理臨床学会、日本人間性心理学会、一般社団法人日本認知・行動療法学会、一般社団法人日本発達心理学会、一般社団法人東京臨床心理士会、一般社団法人日本発達障害ネットワーク(予定)

運営協力:

公益財団法人日本財団

unnamed

資格ポイント等:

ポイント発行を希望する方は、受付で「氏名」「登録番号」等必要事項を申告してください

学校心理士資格更新ポイントA該当予定(仮承認済み)

臨床発達心理士資格更新ポイント該当予定(1.5ポイント)

特別支援教育士資格更新ポイント該当予定(特別支援教育士資格更新規程第2条Ⅵ領域 参加者:2P)※IDカードをご持参ください

臨床心理士資格更新のための研修ポイントには該当しません

趣旨:

公認心理師法案には多くの人々が今国会での実現を強く望んでいます。国家資格化の要望書では、「医療・保健、福祉、教育・発達、司法・矯正、産業等の実践諸領域における汎用性のある資格」を訴えてきました。

一方、各領域における心理職の業務についてはその内容の明示は今後の課題です。日本心理研修センターでは、各領域の問題に通じた専門職としての職能を明らかにし、また深化させるための研修を実現してゆくことが課題です。

本企画では皆様とご一緒にこの課題について考える場といたしたいと存じます。

プログラム

 (総合司会 鶴 光代 当センター副理事長)

挨拶:

10:30~10:35

村瀬 嘉代子 当センター理事長

(来賓あいさつ)

10:35〜10:50

公認心理師法案のめざすもの 衆議院議員 鴨下 一郎 先生

第1部:障害ある方への支援

進行 松野 俊夫 当センター理事

10:55~11:15

医療:佐藤 忠彦氏 精神科七者懇談会心理職の国家資格問題委員長

11:15~11:35

産業:平 陽一氏 東邦大学医療センター佐倉病院メンタルヘルスクリニック 客員教授(産業精神保健・職場復帰支援センター)

11:35~11:55

当事者:東川 悦子氏 NPO法人日本脳外傷友の会理事長、NPO法人日本障害者協議会副代表

11:55~12:20

ディスカッション~心理職の今後の課題1~
司会 松野 俊夫 前出

12:20~13:20 (昼休み)

第2部:子どもへの支援

進行 石隈 利紀 当センター理事

13:20~13:40

福祉:高橋 利一氏 至誠学園総理事長、法政大学名誉教授

13:40~14:00

司法:相原 佳子氏 日本司法支援センター法テラス事務局長、弁護士

14:00~14:20

教育:齊藤 大輔氏 文部科学省初等中等教育局児童生徒課 課長補佐

14:20~14:45

ディスカッション~心理職の今後の課題2~
司会 石隈 利紀 前出

14:45~15:00 (休憩)

第3部:公認心理師法案にこめられた諸領域の心理職へのニーズと現代的課題

15:00~15:25

発達障害、ひきこもり問題:
日詰 正文氏 厚労省社会援護局障害保健福祉部障害福祉課 障害児・発達障害者支援室 発達障害対策専門官

15:25~15:50

医療における連携に向けて:
宮岡 等氏 日本精神神経学会理事、北里大学医学部精神科学教室 主任教授

15:50~16:25

まとめとディスカッション~心理職の今後の課題~
司会 村瀬 嘉代子 前出

(小休止)

16:30~16:45

公認心理師法案の成立にむけて 衆議院議員 河村 建夫 先生

上記プログラム(講師、テーマ、時間等)は予告なく変更される場合があります。最新情報につきましては、当ホームページを適宜ご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご協力をおねがいします。