日本の心理職の国家資格化を目指す日本心理研修センターの公式ウェブサイトです。

11/2(日)ウェクスラー検査の最新動向と臨床的解釈の実際

  • HOME »
  • 11/2(日)ウェクスラー検査の最新動向と臨床的解釈の実際

企画趣旨

知能・認知検査は人間理解の一指標として新しい局面を迎えている。ウェクスラー検査(各種検査を総称し、ウェクスラーファミリーとも呼ばれる)は幼児から成人(高齢者まで)をフルレンジで把握するさまざまなツールで構成されている。

これまで日本版を開発してきた中心メンバーによって、これらウェクスラーファミリーに関する最新の動向と課題、わが国において心理専門家に求められている最新情報をお伝えし、共にこれからの課題について考えてみたい。

詳細

日時:

2014年11月2日(日)9:30~16:30(受付:9:00~)

会場:

エムワイ貸会議室 TDビル 3階

東京都新宿区高田馬場1丁目29-9

JR山手線・西武新宿線「高田馬場駅」 戸山口徒歩2分 / 東京メトロ東西線「高田馬場駅」 5番出口徒歩5分

エムワイ貸会議室 TDビル 3階

共催

一般社団法人日本臨床心理士会、日本臨床発達心理士会、日本学校心理士会、 一般財団法人特別支援教育士資格認定協会

後援

一般社団法人日本認知・行動療法学会、日本発達心理学会、日本人間性心理学会、 一般社団法人日本心理臨床学会、一般社団法人東京臨床心理士会、 一般社団法人日本発達障害ネットワーク(予定)

運営協力:

公益財団法人日本財団

unnamed

参加資格:

臨床心理士、臨床発達心理士、学校心理士、特別支援教育士、他の心理系学会資格者、心理職実務者、守秘義務のある専門職、心理学関連大学院生

参加費用:

7,000円(税込)

参加者定員:

150名

参加申込み:

こちらの申し込みフォームよりお願い致します。

大変恐れ入りますが、
本研修の申込受付は申し込み定員満了に付き終了しました。
(9月3日記)

本セミナーにおける研修ポイントの取扱など、よく頂く質問につきましてはこちらをご覧ください。

プログラム

9:30~12:00

ウェクスラー検査の歴史と動向

石隈 利紀
(筑波大学大学院人間科学総合研究科)

12:00~13:00

「昼 休 み」

13:00~14:30

日本版WISC-Ⅳによる臨床的解釈

松田 修
(東京学芸大学総合教育科学系教育心理学講座臨床心理学分野)

14:30~16:00

日本版WAIS-Ⅳの動向と課題(ICF・短縮版を含む)

上野 一彦
(日本LD学会理事長)

16:00~16:30

まとめとQ&A

松田 修
(東京学芸大学総合教育科学系教育心理学講座臨床心理学分野)

上野 一彦
(日本LD学会理事長)


**********************

上記プログラム(講師、テーマ、時間等)は予告なく変更される場合があります。最新情報につきましては、当ホームページを適宜ご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加