日本の心理職の国家資格化を目指す日本心理研修センターの公式ウェブサイトです。

2014年秋季研修会概要(10/12・13)

  • HOME »
  • 2014年秋季研修会概要(10/12・13)

P1020084

日本心理研修センター2014年秋季研修会は、その1が2014年10月12日(日曜日)、その2が10月13日(月曜日・祝日)の2日に渡って行われます。

 

日時:

2014年10月12日(日)、13日(月・祝日)

会場:

images大阪人間科学大学庄屋学舎

大阪府摂津市庄屋1-12-13

JR京都線「岸辺駅」から徒歩10分

共催

一般社団法人日本臨床心理士会、日本臨床発達心理士会、日本学校心理士会、一般財団法人特別支援教育士資格認定協会

後援

一般社団法人日本認知・行動療法学会、日本発達心理学会、一般社団法人日本心理臨床学会、一般社団法人東京臨床心理士会、一般社団法人日本発達障害ネットワーク(予定)

参加資格:

臨床心理士、臨床発達心理士、特別支援教育士、学校心理士、他の心理系学会認定資格者、心理職実務者、守秘義務のある専門職、心理学関連大学院生

※本研修会の内容も、臨床心理士、臨床発達心理士、学校心理士、特別支援教育士、認定行動療法士、認定健康心理士、その他のそれぞれの研修ポイントに該当する予定です(images_info現在詳細調整中)。

参加費用:

1講座につき7,000円(税込)

参加方法:

研修会に参加をご希望の方は、下記講座より1日につき1講座を申し込むことが出来ます。

参加お申込み締め切り:

本研修会の参加お申込み及び参加費用入金の締め切りは、10/8(水)です。

受講許可証をまだ受け取られていない方々はこちらのお知らせをご覧ください。

本セミナーにおける研修ポイントの取扱など、よく頂く質問につきましてはこちらをご覧ください。

10月12日(日曜日)開催・研修会その1

プログラム第1)「司法・矯正領域における心理職の役割と課題」

9:30~16:30 (途中休憩あり)

齊藤 文夫
(武庫川女子大学 文学部 心理・社会福祉学科)

お申込受付は終了しました。

プログラム第2)「子どもを理解する―行動と心理の読み解き方―」

10:00~12:30「応用行動分析を通して知る子どものふるまい」

日上 耕司
(大阪人間科学大学 人間科学部社会福祉学科)

13:30~16:00「認知行動をもとにした教育現場における新たなアプローチ:IEP(Individual Educational Program)」

堤 俊彦
(大阪人間科学大学 人間科学部健康心理学科)

【司会】大野 太郎(大阪人間科学大学 人間科学部健康心理学科)

お申込受付は終了しました。

プログラム第3)「内観療法の基礎から応用まで」

9:30~12:00「内観療法の歴史と方法 / 心理療法としての内観 / 教育と内観 / 海外(主に中国)の内観の展開

13:00~16:30「内観療法の体験学習

真栄城 輝明
(奈良女子大学 生活環境学部・大学院心理健康学科臨床心理学コース)

お申込受付は終了しました。

10月13日(月曜日・祝日)開催・研修会その2

プログラム第4)「自閉症児への発達論的アプローチの新動向(3)-心の理論の発達とその障害・支援-」

9:30~12:15「心の理論」の発達とその意義

子安 増生
(京都大学大学院 教育学研究科)

13:15 ~16:00 自閉症児における 「心の理論」の障害と支援の課題

別府 哲
(岐阜大学教育学部 学校教育講座(心理学))

16:00~16:30 ディスカッション「心の理論」研究と発達支援の課題

(講師+参加者)

お申込受付は終了しました。

プログラム第5)「自律訓練法の理論と実際」

10:00~16:00(途中休憩あり)

笠井 仁
(静岡大学)

お申込受付は終了しました。

プログラム第6)「両親の離婚に際しての子どもへの支援-面会交流・養育費と心理職-」

10:00~11:20【行政の立場から】

泉 房穂
(明石市長、弁護士、社会福祉士)

11:20~12:30【心理職の立場から】

山口 惠美子
(臨床心理士、(公社)家庭問題情報センター 常務理事)

13:30~14:50【法律家の立場から】

佐野 みゆき(弁護士)

14:50~16:00【研究者の立場から】

二宮 周平(立命館大学 法学部法学科)

お申込受付は終了しました。

上記プログラム(講師、テーマ、時間等)は予告なく変更される場合があります。最新情報につきましては、当ホームページを適宜ご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加