日本の心理職の国家資格化を目指す日本心理研修センターの公式ウェブサイトです。

若手心理職のための 発達障害の理解と支援のための実践基礎講座(全6回)

  • HOME »
  • 若手心理職のための 発達障害の理解と支援のための実践基礎講座(全6回)

一般財団法人日本心理研修センター平成26年度(2014年)研修

※この「若手心理職のための 発達障害の理解と支援のための実践基礎講座(全6回)」は、これまで「最新の知見による発達障害の理解と支援のための実践基礎講座(全6回)」としてホームページ上でご紹介してきた研修の名称を変更したものです。研修内容は同一です。

本研修は、20146月から11月に渡り全6回で開催されますが、すべての研修への参加が必須ということではございません。個別の講座のみのご参加も大歓迎です。

会場:

その1〜その5まで

愛知県産業労働センター ウインクあいち(JR名古屋駅から徒歩2分)
http://www.winc-aichi.jp/

その6

IMYホール(愛知県名古屋市東区)
http://www.imy.co.jp/kaigi/

時間:

いずれも 10:30~16:30 (10:00開場予定)

参加費:

その1~その3は一講座3,000円  その4~その6は一講座5、000円

講座対象者:

心理学関連大学院生、35歳未満の若手心理職(臨床心理士、臨床発達心理士、学校心理士、特別支援教育士、その他心理に関係ある資格を持つ方々あるいは心理職実務者で経験10年未満程度の方々)

研修ポイント対象(予定):

本研修において研修ポイント申請が可能となる予定の資格は次のとおりです。

臨床心理士、特別支援教育士、学校心理士、臨床発達心理士

臨床心理士の研修ポイントとしましては、(公財)日本臨床心理士資格認定協会の教育・研修規定別項第2条(4)のワークショップとして申請予定です。予定通り承認をいただいた場合のポイントは、研修の各回ごとに2ポイントとなります。

研修その3,その4,その5,その6に参加された方には、臨床発達心理士のポイントも発行されることが決まりました(7/3追記)

共催:

(予定)一般社団法人日本臨床発達心理士認定運営機構日本発達臨床心理士会、一般社団法人学校心理士認定運営機構、日本学校心理士会、一般財団法人特別支援教育士資格認定協会

後援:

(予定)厚生労働省、日本行動療法学会、一般社団法人日本発達心理学会、日本人間性心理学会、一般社団法人日本心理臨床学会、一般社団法人東京臨床心理士会、日本発達障害ネットワーク

運営協力:

公益財団法人日本財団 アスペ・エルデの会、浜松医科大学子どものこころの発達研修センター

unnamed

申し込み手順、領収書発行、その他よくある御質問

こちらをクリックしてご確認ください。

【その1】生物学的基盤の理解 6月1日(日)開催

講師;

浜松医科大学(精神科) 森 則夫教授、
浜松医科大学(精神科) 涌澤圭介准教授
中京大学 辻井正次教授

発達障害に関して、生物学的精神医学がどこまで明らかにしているかを知るとともに、そうした生物学的基盤の理解が臨床にどう役立つのかを検討していく

※この研修の参加お申込み受付はすでに終了しました。

【その2】発達経過を踏まえた理解 6月29日(日)開催

講師;

浜松医科大学(児童青年精神科)杉山登志郎教授
浜松医科大学(児童青年精神科)土屋賢治准教授
中京大学 辻井正次教授

出生時からの大規模縦断研究や都市型の縦断研究などの成果をもとに、発達障害児者の発達過程を理解し、臨床への活用を検討していく 

※この研修の参加お申込み受付はすでに終了しました。

【その3】精神医学的診断の基本 7月27日(日)開催

講師;

弘前大学(精神科)中村和彦教授
浜松医科大学 高貝就准教授
中京大学 辻井正次教授

精神医学における発達障害の診断概念を理解するとともに、実際の臨床面接のポイントや診断アセスメントの活用に関して検討していく

※この研修の参加お申込み受付はすでに終了しました。

【その4】家族支援と本人支援 10月5日(日)開催

講師;

浜松医科大学(精神科) 鈴木勝昭准教授
中京大学心理学部 明翫光宜講師
中京大学 辻井正次教授

診断をどう伝え、支援につなげるか、包括的な発達支援計画のなかで、家族支援と本人支援をどのように位置づけていくのか、アセスメントから支援の実際の流れに関して検討していく

※この研修の参加お申込み受付はすでに終了しました。

【その5】PARS研修と診断アセスメント 11月2日(日)開催

講師;

弘前大学 高柳伸哉講師
金沢工業大学 松本かおり講師
中京大学 辻井正次教授

PARSーTRの実習を行うとともに、ADI-RやADOSについて学び、診断アセスメントから個別の支援計画をどのように作成していくのかを検討していく

※この研修の参加お申込み受付はすでに終了しました。

【その6】VinelandーⅡ適応行動尺度研修 11月30日(日) 開催

講師;

福島大学 黒田美保教授
浜松医科大学 伊藤大幸特任助教
中京大学 辻井正次教授

適応行動という形で、発達障害等の人たちの実態把握の方法を、実習をしながら学んでいく

※この研修の参加お申込み受付はすでに終了しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加